【ジョジョ黄金の風】第8話…VSクラフトワーク!サーレー役石川界人の好演

ジョジョの奇妙な冒険第8話ミスタ

参照:ジョジョの奇妙な冒険黄金の風第8話

ボート監視小屋にいたズッケェロの仲間サーレーは、足を負傷しながらもトラックを使って逃走を図っていました。

ミスタは、ジョルノの合流を待たずに単独でサーレーを追います。

【ジョジョ黄金の風】第7話…プリンスのアレンジ曲でギャングダンス!



エピソード8 セックス・ピストルズ登場 その2

ミスタの過去

ジョジョの奇妙な冒険第8話ミスタの過去

参照:ジョジョの奇妙な冒険黄金の風第8話

今回は第六話で語られたアバッキオの過去と同じく、原作での登場よりも早いタイミングでミスタの過去が紹介されました。

本来はもっとあと、コミックスでいうと現在進行中の話から4巻分先の『ヴェネツイア・サンタ・ルチア駅「OA-DISC」をゲットせよ』の回の冒頭で描かれているエピソードです。

アバッキオもそうだったけど、今後はみんな一番初めの活躍回に過去エピソードが入るのかな。

特に「4」という数字がミスタにとってどれだけアンラッキーかが証明される今回のサーレー戦で、4にまつわる不幸な過去エピソードが紹介されたのは悪くないタイミングかなと思います。

 

ただ、この過去エピソードにはアニメでは描かれなかった続きがあって、騒動の後ミスタは逮捕され正当防衛が認められずに禁固刑を宣告されています。

その情報を得たブチャラティが組織の力を使って無罪判決の取引をし、ミスタはパッショーネの入団テストを受けるに至ったわけですが…

ミスタの過去の話は”3人のゴロツキに向かって4回引き金を引き、その後不運な目に遭った”というのがポイント。

なので、逮捕されたところまで全部語られないと、4という数字がミスタにもたらす影響がイマイチ関連付けされにくかったかもしれません。

しかし原作では思いもよらない所で突然過去の話が入ってきて、まさか死亡フラグかとドキドキしながら読んでいましたが…

こうして活躍回の初めに語られると普通の人物紹介っぽくて安心して見ていられますね。

ミスタがこだわるジンクス

サーレーが車体の上にいることを見破り勢いよく発砲するミスタ。

しかしクラフト・ワークの「触ったものをその場に固定する能力」によって、放った弾丸がことごとく意味を成さず窮地に立たされます。

重なった二発の弾丸でサーレーを吹っ飛ばし、一度はクラフトワークの射程距離から離れることができたものの…

片手での装填時にいくつかこぼしたせいで残る弾丸はあと4発。

ジョジョの奇妙な冒険第8話4発の銃弾

参照:ジョジョの奇妙な冒険黄金の風第8話

「くそっ!なんて縁起悪ィんだ…まだ3発のほうがましだぜ」

とにかく4という数字を避けたいミスタ…(笑)

アンラッキーナンバーなんて迷信めいたジンクスだけど、それがミスタにとっては案外ただのジンクスじゃないってのが面白いところです。

ジョジョの奇妙な冒険第8話脇腹に銃弾を受けたミスタ

参照:ジョジョの奇妙な冒険黄金の風第8話

「や…やはり最悪だった…縁起悪ィーぜ…『4』て数はいつも最悪なんだ…」

サーレーが空中に固定して少しずつ力を加え、能力を解除して飛び出した弾丸は見事ミスタの脇腹に命中。

しかも同時に放ったミスタの3発はすべてコントロールを失ってあさっての方向へ飛んでいくという…

外れた弾丸に乗った3人のピストルズたちの悲鳴は思った以上にかわいかったですが、ジンクスどおりの不運に見舞われるミスタにはご愁傷様というほかありません。



サーレー役声優の好演

ジョジョの奇妙な冒険第8話口を開けて銃弾を待ち受けるサーレー

参照:ジョジョの奇妙な冒険黄金の風第8話

ミスタの最後の1発の狙いを読み、敢えて口を開けて攻撃を受けるサーレー。

いくら防御が面倒だったからとはいえ、相手に自分の能力を思い知らせるためにわざわざ痛い思いをする必要があるのかという疑問は置いといて…

このときの、痛みに絶えながら喋るサーレーの演技にはとても迫力がありました。

サーレー役を演じているのは若手声優の石川界人さん。

初登場時にズッケェロと会話しているのを聞いたときは思っていたよりも声が若くてちょっと自分のイメージとは違うかな…なんて感じてたんですが…

【ジョジョ黄金の風】第5話…ブチャラティチーム個性豊かな仲間たち

なかなかどうしてバトルシーンになると石川さんの声がすごくはまる!

もともと落ち着いた演技よりも勢いのある演技のほうが好きな声優さんだったので、ミスタとのバトルシーンはとても見応え(聞き応え?)がありました。

口や喉にダメージを負った様子を演じるのは難しそうだし声優さん自身の喉も相当キツイだろうと思うんですが、サーレー役を好演してくれてとても嬉しいです。

 

ちなみに…

今回衝撃的なやられ方で退場となったサーレーはズッケェロと共に、5部の後日談を扱った小説『恥知らずのパープルヘイズ』で再登場します。

タイトルの通りフーゴがメインで活躍するお話ですが、とても面白い作品なので未読の方はぜひ。

5部を全部見終わった後、モヤモヤと気になる部分を解決してくれる…かもしれません。

スタンド名…クラフト・ワーク

本体…サーレー

破壊力ーA スピードーA 射程距離ーE 持続力ーC 精密動作性ーE 成長性ーE

能力…一瞬のうちに物体を好きな場所に固定できる。何個でもできる。

ジョジョの奇妙な冒険50巻

【ジョジョ黄金の風】第9話…ボスの娘トリッシュに振り回される護衛チーム
【アニメジョジョの奇妙な冒険黄金の風】概要や感想記事まとめ

コメント