【天気の子】個人的名言&名シーン!一言感想ネタバレ有

新海誠監督による新作長編アニメーション映画『天気の子』が公開されてから約10日が過ぎました。

前回は映画を鑑賞しての感想を簡単に書いてみましたが、今回は映画版と小説版を合わせて『天気の子』の個人的名言&名シーンを挙げていこうと思います。

解釈なんかは人それぞれなので正解はないと思いますが、自分なりに感じた事も一言ずつ書いています。

ネタバレがいっぱいなのでまだ見ていない人は注意してくださいね。



個人的名言&名シーン

あの夏の出来事をまるごと抱えたまま、僕はもう一度東京に行くのだ。十八になった今、今度こそあの町に住むために。もう一度あの人に会うために。

小説版『天気の子』の冒頭は現在から過去を振り返る形になっています。使い古された技法ではありますが、FF10を筆頭に僕の好きな作品によく使われているので個人的には好きです。


 

この二年半、雨は常にそこにあった。どんなに息を殺しても決して消せない鼓動のように。

新海監督が小説を書く上で重要視しているのは【比喩表現】。この文章の後にも「どんなに強くつむっても完全な闇には出来ない瞼のように。どんなに静めても片時も沈黙できない心のように」と続いています。やや過剰ではと思う部分もありますが、その時のキャラクターの心情や背景をより深く伝えたいと思っているのでしょう。


 

彼女がいる。東京で彼女が生きている。彼女がいるかぎり、僕はこの世界にしっかりと繋ぎとめられている。

世界より一人の少女を選択した理由、”帆高ほだかの考える世界の中には陽菜ひなが必要不可欠な存在だった”ということがこの文章からよく分かります。


 

ほとんど無意識のうちに彼女は手を合わせた。そして強く願う。雨が止みますように。ゆっくりと目を閉じ、願いながら鳥居をくぐる。お母さんが目を覚まして、青空の下を一緒に歩けますように。

「天気の子」廃ビル屋上鳥居

©2019「天気の子」製作委員会

小さな病室でただひたすら大切な人の回復を祈る少女。引き寄せられるように辿り着いた廃ビルの屋上にあった小さな鳥居で強く強く願ったことが全ての始まりでした。

「天気の子」精霊馬 なすときゅうり

©2019「天気の子」製作委員会

足元に精霊馬しょうりょううまが置かれていましたが、都会の子供たちには馴染みの薄いものかもしれませんね。キュウリは馬に見立てられ”あの世から早く家に戻ってくる”ことを、ナスは牛に見立てられ”この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなる”ことなどを願って供えられます。僕の家では毎年お盆の期間はこの精霊馬を供えることになっています。


 

彼女とともに過ごした、あの年の夏。東京の空の上で僕たちは、世界の形を決定的に変えてしまったのだ。

「東京の空の上で僕たちは──」。最初見たときに”街の上”でもなく”空”でもなく”空の上”という部分が非常に気になりました。後にその意味が分かりますがインパクトはありましたね。


 

「東京って怖え」

路地裏にうずくまる帆高

©2019「天気の子」製作委員会

本当に同じ日本なのかと疑問に思うくらい東京と地方は違いますよね。僕も数年に一度東京に行くのですが、その度に東京って怖いなと感じてしまいます。人口数千人の神津島からやってきた帆高には東京の全てが衝撃的だったでしょうね。


 

「あげる、内緒ね」

主人公・帆高とヒロイン・陽菜の出会い。陽菜が三日連続ポタージュスープだけを飲んでいた帆高にビッグマックをあげるシーンです。

「天気の子」帆高の家計簿代わりのノート

©2019「天気の子」製作委員会

帆高が家出のために用意できたお金は五万円。家計簿代わりのノートを見ると節約の余地が十分ありそうに見えますが(笑)

僕の十六年の人生でこれが間違いなくだんとつで──一番美味しい夕食だった。

その後に続くこの文章には、粗末なものばかり食べていた帆高にとって陽菜がくれたビッグマックがどれだけ美味しかったのかがよく表れています。




「あれ、 カナ、髪巻いた?」 「え、分かる? うん、ちょっとだけね。 今日誰にも気づかれなかったのに、さすが凪くん! ねえねえどう、似合うかな?」 「似合う似合う! すっごく可愛いよ。大人っぽいね、中学生みたいだ」

東京の小学生ってこんな感じなんですか(驚愕)「大人っぽいね、”中学生みたいだ”」!?

振り返ってみるとやっぱりセンパイってすごい。


 

「君のぉ、想像どおりだよ」

夏美「君のぉ、想像どおりだよ」

©2019「天気の子」製作委員会

最近のアニメ映画は話題性重視でプロの声優以外をメインに据えることが多いですよね。それによって作品自体がぶち壊しになることも。

『天気の子』の予告を初めて見たときには本田翼さんの演技に困惑したものですが、いざ作品を見ると本田さんが夏美なつみというキャラクターをしっかり演じ切っていることに感心しました。

作品に集中するためにプロの声優を使ってほしいという思いもあるのですが、最近はプロの声優でも首をかしげたくなる演技をしている人も多いのでなんとも言えないところ。

最近のプロ声優の演技は平均点は高いけれど、判子で押したようなオーバーなテンプレ演技は…。そういえばプロ声優でなくても「もののけ姫」の俳優さんたちは”凄み”がありましたね(特に美輪明宏さんの演技は凄かった)。


 

「我が社の目下の仕事はこれ。歴史と権威ある雑誌からの、執筆依頼!」

ムーを持つ須賀圭介
©2019「天気の子」製作委員会

須賀圭介すが けいすけの会社㈲K&Aプランニングの業態は「編集プロダクション」。出版社や広告代理店などから委託される書籍や雑誌などの編集実務が主な仕事です。例として月刊オカルト情報誌の「ムー」を掲げていましたが、その他にもいろいろな出版社に企画を持ち込んでいます。

ただ、夏美も「弊社最近ヒマだし」と言っていたように、仕事がかなり減っている状況のようで数社に企画をプレゼンして通ったのは「四十代記者が体当たり取材!精力剤総力レポート」だけだったようです(体壊しそう…)。


 

「天候系の力はね、使いすぎると神隠しに遭ってしまうって言われてるの! ガイアと一体になってしまうのね」

K&Aプランニングのインターンとして、ネットで噂の『100%の晴れ女』の取材のために占い師(CV:野沢雅子)を訪ねた帆高。重要でない役にこの大御所を使うはずはないと映画を見ていた誰もが思っている中、野沢さんは皆の予想通り、物語の重要な部分を語ってお役御免となりました(笑)


 

「まだこれしか書けてねえのかよおせえなあ。……でもまあ、文章は悪くねえな」

占い師の話を原稿にしている最中の帆高に対しての須賀のセリフ。文句を言いつつも良いところは良いといえる須賀の性格と帆高の意外な特技が分かるシーンですね。帆高は中学の頃から小説めいた文章を書くことが好きで文章を書くことにささやかな自信をもっていたようです。


 

誰のことも否定せず、相手によって態度も変えず、きらきらした好奇心で相づちをうってくれるこの人だから、荒唐無稽こうとうむけいなことでも皆すんなり話せてしまうのだ。

映画で『100%の晴れ女』の取材をしている時に、気難しそうな研究員が最初のめんどくさそうな対応からうってかわって饒舌に話し始めるシーンが印象的でしたが、あれはマニア特有の行動ではなく(一部はそうかもしれないけど)聞き手の夏美の性質によるものだったのです。

夏美みたいな人ってたまにいるけど本当にすごいなって思います。


 

僕を叱りながら、お前はもうちょっとマシになれる、彼らはそう言ってくれているのだ。その瞬間だけがチクリと痛い注射のように、それが僕の体を強くしているのだ。

須賀や夏美に叱られてもなぜ辛くないのかを考えていた帆高が出した結論です。最近はこういう意図を持って叱ることができる人も、そして帆高のようにその意図を理解できる人も減っている気がします。伝えられないし伝わらない…嫌な時代になりましたね。




圭ちゃんが彼を拾った理由が、私にはなんとなく分かる気がした。私も圭ちゃんもその頃たぶん、きっかけのようなものを探していたのだ。

映画では夏美の内面についてほとんど触れられていませんが、小説では夏美視点で語られている部分も結構あり彼女の思考がよく分かります。夏美は現在の”子供ではなく大人でもない”モラトリアムからの脱却のきっかけをずっと探していたのでしょうね。


 

「ねえ、今から晴れるよ」

「天気の子」ねぇ、今から晴れるよ

©2019「天気の子」製作委員会

「信じられない。気持ち悪い。最悪!」。銃を人に向けて撃った帆高を責め、吐き捨てるように罵って部屋を出ていく陽菜。

しかし、自らの過ちに気付きその場にうずくまる帆高の前に陽菜が再び現れます。

「君、家出少年でしょ?」「あ、うん、まあ……」「ね、せっかく東京に来たのに、ずっと雨だね」

陽菜は帆高を連れてビルの屋上に上がると両手を組んで祈りはじめます。「晴れ女……?」帆高が陽菜の不思議な力を初めて目の当たりにした瞬間でした。


 

『既に連続降水日数は二ヵ月以上を記録し、今後の一ヵ月予報でも、降水量が多く雨が続くとみられています。 気象庁は「極めて異例の事態」との見解を発表し、土砂災害などに最大級の警戒をするようにと──』

須賀の会社で「お天気ビジネス」のサイト作成をしていた帆高の耳に入ったニュース。連続降水日数二ヵ月以上というのは余裕で東京の連続降水最長記録を更新していますね。現実の東京の連続降水最長記録は1954年6月19日~7月20日の32日間、青森では2004年11月23日~2005年4月1日までの130日間という記録もあるそうです。


 

「なによそれ、稼げるって。最初に大事なのは面白いと思えるかどうかでしょ?」

ロマンをお金にしようと考える帆高に対して夏美が言い放った言葉。今作は企業PRが本当に多くて個人的にはちょっと引いてしまいました。少しなら全然いいと思うんですが…。

宮崎駿さんなら「こんな作品作りをしなければいけないのなら止める!」といってブチ切れそうですけどね(笑)

今後のアニメがこんな風に企業のPRまみれになっていくのだとしたら僕は絶対嫌ですね。


 

「──そっか」

肯定でも否定でもなく、ただ微笑みを浮かべながら帆高の話を聞く陽菜。こういう風に話を聞ける子供ってなかなかいないですよね。陽菜が年齢以上に落ち着いているというのが分かるシーンだったと思います。


 

「そういえば──もう息苦しくは、ない」

帆高は陽菜に家出の理由を聞かれた時に地元や親が息苦しかったと答えています。そしてその質問の後しばらくしてから「──ね、東京に来て、どう?」と尋ねられた時に帆高はこう答えました。

後に帆高が過去を振り返る場面があるのですが、東京に来ることができたから息苦しくなくなったわけではなく、陽菜に出会うことができて、陽菜から大切なものをもらったからだと結論付けています。


 

人生で一番に美味しかったものがこのひと月の間に二度も更新されたこと、そしてその二回ともが同じ少女によってされたことに、僕は食べ終わってから気づいたのだった。

ポテトチップスとチキンラーメンを持つ陽菜
©2019「天気の子」製作委員会

お土産に持ってきたポテトチップスとチキンラーメンを使って、陽菜が作った豆苗ポテチャーハンとばりばり食感チキンサラダを食べた帆高の感想。これ実際食べてみるとそこまで美味しくはないと思うんです(笑)

でも好きな子が作ってくれた料理ならたとえ焦げ焦げのチャーハンでも美味しいもの。男なんてそんなもんです。


 

「すげえよ姉ちゃん!」「うん、私やれるかもっ!」「おっし、天気で稼ごう!」

天気の子感想漫画 晴れ女の力をビジネスにする帆高と陽菜と弟の凪

ブログ仲間セシ子さんのイラスト

「お天気ビジネス」の初仕事でフリマ会場を晴れにして二万円をゲットした、帆高・陽菜・凪の嬉しさ全開な感じが伝わってくる爽快シーンでした。陽菜のおかげで天気になったかどうかも定かではないのにポンっと二万円を渡せるおっさんの器のでかさに痺れましたね(笑)


 

おそとでかけっこができてたのしかったです。はれおんなさんはお金はいらないよっていったけど、五十えんをはらいました。

三人で始めた「お天気ビジネス」には依頼者がポツポツと現われ始めます。値段設定は一応3400円ですが、人によってアバウトなようでたくさんくれる人も結構いるみたいですね(コスプレイヤーさんとか競馬好きのおっちゃんは結構くれたのかな)。

そんな中、港区立の幼稚園児・N菜ちゃん四歳は運動会に外でかけっこがしたいと依頼してきました。

三人がお金よりも”幸せファースト”な感じが伝わってくるので個人的に好きなエピソードのひとつです。




「──私、好きだな」 「この仕事。晴れ女の仕事。私ね、自分の役割みたいなものが、やっと分かった──」
「だから、ありがとう、帆高」

神宮外苑花火大会での仕事を終え、六本木ヒルズの屋上で花火を見ながら陽菜が呟いた言葉です。人を幸せにしてお金ももらえる仕事って素敵ですね。このシーンで「なくも」を連発する陽菜とそれに真面目につっこむ帆高がほほえましかったです。


 

天気ってなんて不思議なのだろうと、僕は思う。ただの空模様に、人間はこんなにも気持ちを動かされてしまう。陽菜さんに、心を、動かされてしまう。

最近はなんでも主人公のいいなりになる受動的なヒロインが増えてきていますが、陽菜のように能動的なヒロインが僕は好きですね。心を”動かされてしまう”、帆高の心の動きがよく分かるシーンです。


 

「今日、迎え盆むかえぼんをやるんだろ? 手伝おうと思ってさ」

前作「君の名は。」の主人公・立花瀧たちばな たきの登場シーン。小説が発売日の7/18に届かなかったので僕は先に映画を見たんですが、このシーンは驚きと嬉しさが同居した気持ちになりましたね。

アニメやゲームで前作のキャラを登場させるとやっぱり盛り上がるんですよね(コナミの幻想水滸伝とか)。空前の大ヒットとなった「君の名は。」をしっかり組み込むところはさすが抜け目ない新海監督といったところでしょうか。

お盆迎え火

ちなみに迎え盆とはお盆の最初の日(13日)に先祖の霊が迷わずに家に戻ってこられるように火を焚くこと。先祖が迷わず極楽に帰れるように火を焚くのは送り盆おくりぼんで、お盆の最終日(15日)に行われます。


 

「だいたい観測史上初とか、世間はすぐそんなことを言う。オロオロとみっともない限りだ。観測だと? 史上初だと? そりゃいったいいつからの観測だ? せいぜい百年、この絵はいつ描かれたと思う? 八百年前だ!」

地球が誕生したのは今から約46億年前、日本列島がほぼ現在に近い地形になったのが約2万年前です。そう考えると神主さんの言う通り小さな事のように思えてきますね。


 

「──母さんが死んでから、姉ちゃんずっとバイトばっかでさ。それはきっと、俺のためなんだ。俺まだガキだからさ」

「天気の子」天野凪
©2019「天気の子」製作委員会

いろいろな事を教えてあげる事で帆高に「凪センパイって呼んでいいすか?」と言われるくらいまでの尊敬を勝ち取った凪。凪は人の事をよく見ていて優しくて、自己分析も完璧な”大人”です。現実にはこういう小学生は絶対いないんだろうけど、本当にいいキャラですね。


 

「私だったら、すごく嬉しいと思う。きっと大丈夫、喜んでくれますよ!」 

前作「君の名は。」のヒロイン・宮水三葉みやみず みつはの登場シーンです。四千円という限られた予算の中でどの指輪を買うべきなのか迷う帆高に三時間以上延々と付き合った三葉。優しい声と素敵な笑顔でした。


 

「娘は喘息ぜんそく持ちでね、今はお祖母ばあちゃんと暮らしてんだけどさ、雨の日だと、俺なかなか会わせてもらえないんだよね」

僕は喘息でないので分かりませんが、台風や雨の日は気圧が変化するので発作が起こりやすくなるみたいですね。

この時点で須賀の娘・萌花もかを預かっているのは妻・明日花あすかの実家である間宮家でしたが、須賀の生活状況を不安に思っていた間宮家は萌花と須賀を会わせることを快く思っていませんでした。

面談を求める須賀に「こんな天気にあの子を外出させて、喘息が酷くなったらどうするの?」と返す間宮。これが須賀が晴れ女に依頼をした理由です。


 

「あれでね、圭ちゃんって意外にまだ一途いちずなのよ。ぜんぜんモテないわけでもないと思うんだけどね」

容姿も悪くないし実は仕事も結構できる須賀。それでも一途に亡くなった妻のことを思っているようです。過去が幸せであればあるほど前に進めなくなるものです。


 

「私は──早く、大人になりたいんです」

母を失い小学生の弟と二人っきりで生活している陽菜だからこその言葉ですね。一般の子供が考える早く大人になりたいという意味とは異なります。モラトリアムの最中である夏美には耳が痛かったことでしょう。


 

ヤバい、ヤバい── 

凪センパイのアシストもあって陽菜を送っていく事になった帆高。この”ヤバい、ヤバい──”という言葉は三度繰り返されますが、思春期の頃の初めて好きな女の子と二人っきりになった男の子の気持ちをよく表しているなと思いました。


 

「──もう大人になれよ、少年」

帆高が警察に追われている事を知って家に帰るよう促す須賀の言葉。自分に言い聞かせるような一言でしたね。今まで帆高の事を名前で呼んでいたのに、このシーンの間中ずっと「お前」と呼んでいたのが印象的でした。


 

「俺、どこでもいいよ!姉ちゃんと一緒ならさ!」

凪は陽菜が自分のために多くの事をしてくれているのをしっかり解っています。凪の純粋さや優しさと同時に陽菜の凪への思いがよく分かるセリフだなと思いました。




「人間歳取るとさあ、大事なものの順番を、入れ替えられなくなるんだよな」

須賀のこのセリフ…その通りだと思いますね。僕はこのセリフから2つの意味を考えました。1つはセリフのまま”歳を取ると頭が固くなって柔軟に物事を考えられなくなる”という意味。そしてもう1つは輝いていた過去の思い出が絶対的な上位に位置していることで現在を大事にできないという意味かな、と。浅いようで深いセリフですね。


 

「誰かがなにかの犠牲になって、それで回っていくのが社会ってもんだ。そんな役割を背負っちまう人間は、いつでも必ずいるんだよ。普段は見えてないだけでさ」

いくら綺麗事を言ってもこの世の中は須賀の言う通り搾取する側とされる側に分かれます。それで回っていくのが社会と言い切るのはどうかと思いますが、”楽をして稼ぎたい”とか”自分以下を求める心”がある限り永遠に変わらないでしょうね。完全な共産主義って不可能なんですかねえ。


 

「──一泊二万八千円ね」

東京のラブホテルってこんなに高いんですね(イメージの3倍くらい?)。田舎者なんでとても驚きました。


 

──もしも神さまがいるならば、と、枕を投げながら僕は思う。お願いです。もう十分です。もう大丈夫です。僕たちは、なんとかやっていけます。だから、これ以上僕たちになにも足さず、僕たちからなにも引かないでください。

僕にとって作中で一二を争う印象的なセリフです。

そのままの受け取り方もできますが、僕は最高に幸せで”時間が止まればいいのに”と思うのとは違って、満ち足りてはいないし辛く悲しいことも多いけれど、この先大きなものを失うくらいなら今のままで十分という思いが溢れていると感じました。

僕も同じような事を願った事がありました。一緒に歩けなくても話せなくても傍にいられるだけで、それだけで十分だと。帆高の気持ちが僕にはよく分かります。


 

「ねえ、帆高はさ、この雨が止んでほしいって思う?」

最後の夜、帆高に誕生日を祝われたときの陽菜のセリフ。陽菜の意図が分からなかった帆高はこのとき「──うん」と答えた事を後悔します。これは仕方がない。


 

「──陽菜さんを見てる……」

号泣する帆高
©2019「天気の子」製作委員会

体が透明化した陽菜に「どこ見てんのよ?」と尋ねられて答えた帆高の言葉。「どこも見て──」からのセリフなんで新海監督の意図はなんとなく分かります。言葉のチョイスが上手いなと思いました。「……どうして君が泣くかな」と陽菜さんは言いますけどこれは泣いてしまうでしょ普通。


 

──あの光の中に行こう。僕はあの時そう決めて──、そしてその果てに、君がいたんだ。 

光に手をかざす帆高
©2019「天気の子」製作委員会

神津島で父親に殴られた日、帆高の東京への憧れはより強くなったのでしょう。その”果て”という部分に、まだまだ先があるのに今という時が全てと考える”若さ”を感じます。素敵な文章ですね。


 

「なんだよ……俺が一番年上じゃねえか……」

刑事に陽菜の本当の年齢を聞いたときに帆高が漏らした言葉。帆高には今まで陽菜が一番年上と思っていたので頼る部分があったと思います。しかし、陽菜のほうが年下だというのを知り、自分が守られる側ではなく陽菜や凪を守らなければいけない側だった事に気付き強烈な情けなさを感じたのではないでしょうか。


 

「いや、あなた今、泣いてますよ」

逃走した帆高の足取りを追うために須賀を訪ねた中年刑事安井。短い会話の最後に須賀の頬をつたう涙が印象的だったシーンです。

須賀は安井の話から帆高が全てを犠牲にしてでも陽菜を助けようとしている事を知り、事故で亡くした妻の明日花と娘・萌花との幸せだった過去を思い出します。そして自分と帆高を重ね、帆高のように全てを放り投げてまで会いたい人、全てを敵に回しても会いたい誰かがいるのかと自問するのでした。

もし、もう一度明日花に会えるとしたら自分もきっと──

そのあたりの感情が涙となって溢れだしたのだと思います。




「帆高っ、走れーっ!」

帆高をカブの後ろに乗せて廃ビルを目指す夏美でしたが、水没した道路に行く手を塞がれます。強行するもののカブは沈み「──ここまでだ!」と言って帆高を行かせるシーン。

その後の「遠ざかっていく思春期に背中──」等の文章から、夏美のモラトリアムからの脱却が完了した瞬間なのかなと思いました。


 

ねえ、陽菜さん。君のために──僕に出来ることはまだあるの?

陽菜を助ける為に廃ビルへ向かう帆高
©2019「天気の子」製作委員会

最後の夜、陽菜に「ねえ、帆高はさ、この雨が止んでほしいって思う?」と尋ねられた時に「君さえいればそれでいい」と答えられなかった自分を悔いる帆高。

もう何もかも手遅れかもしれないけれどそれでも──

映画で帆高が延々と走るシーンは表情、走り方、演出の全てが一生懸命な感じで良かったです。


 

この人がなにを言っているのか、僕には本気で分からなくなる。逃げる? 逃げているのはどっちだ? 見ないふりをしているのは誰だ?

屋上を目指す帆高の前に現れた須賀。

「このまま逃げ続けたら、もう取り返しがつかなくなるぜ? そのくらい分かるだろう?」という須賀のセリフを聞いた帆高の心の声です。

須賀のことを尊敬していたのに、陽菜のことだって知っているのに…陽菜のことしか見えていない帆高がこう思うのも無理はないですね。


 

「俺はただ、もう一度あの人に──会いたいんだっ!」

銃で威嚇する帆高を大人たちが取り囲むシーン。もう一度陽菜に会いたいという気持ちが強く伝わってきましたね。その後、刑事に捕まった帆高を助けようとした須賀のセリフも印象に残っています。

「てめえらが──帆高に触んな!」


 

「陽菜!!」 

鳥居をくぐり彼岸に着いた帆高は陽菜の名前を懸命に呼びます。「陽菜さん」→「陽菜」に呼び方が変わった時は感動しました。名前を呼び合う少年少女、”若さ”っていいですね。 


 

「もういい!」
「青空よりも、俺は陽菜がいい!」
「天気なんて──狂ったままでいいんだ!」

新海誠監督作「天気の子」感想漫画 上空で陽菜を見つけて地上に連れ帰ろうとする帆高

ブログ仲間セシ子さんのイラスト

一緒に帰ろうと言う帆高に陽菜は「私が戻ったら、また天気が…」と迷った表情を見せます。帆高の心はここに来るまでに、陽菜を助けたいと思った時に既に決まっていました。ストレートで力強い告白でしたね。


 

雨はそれから三年間止むことなく、今も降り続けている。

新海誠監督作「天気の子」感想漫画 一番の驚きポイントは「雨はそれから三年間やむことなく今も降り続いている」ということ

ブログ仲間セシ子さんのイラスト

これが帆高が天気よりも陽菜を選んだ結果です。止まない雨によってレインボーブリッジやたくさんのビルが水に沈み、東京都の面積の1/3が水没することになりました。

もしかしたらたくさんの人が亡くなったかもしれないし、農家さん等、天候によって左右される職業についている人は大変な目にあっているかもしれない。それが”選ぶ”という事なんでしょう。




僕自身が不完全であるのと同じように、大人たちもまた等しく不完全なのだ。皆がその不完全さを抱えたまま、ごつごつと時にぶつかりながら生きているのだ。

少年鑑別所から解放された帆高を不器用ながらも迎え入れてくれた学校や両親。当たり前の事ではあるものの、自分で気づく事が重要ですね。少し大人になったな帆高。


 

「だからさ──結局元に戻っただけだわ、なんて思ったりもするね」

帆高と立花冨美たちばな ふみさんの会話。東京の大部分は水の下に沈んでしまったけれど、そこは元々(江戸時代くらいまで)海だった、だから元に戻っただけ。自分の家が水に沈んでしまったのにそんな風に思えるのはこれまでいろいろな経験をしてきたからでしょうね。やっぱりお年寄りってすごい。

冨美さんの家に飾ってあった集合写真や結婚写真が印象的でしたね。


 

「妄想なんかしてねえで、現実を見ろよ現実を。いいか、若い奴は勘違いしてるけど、自分の内側なんかだらだら眺めててもそこにはなんにもねえの。大事なことはぜんぶ外側にあるの。自分を見ねえで人を見ろよ。どんだけ自分が特別だと思ってんだよ」

僕は内向的な人間なんで心にくるものがありました。新海監督はそういう風に考えて作品をつくっているのでしょうか、それとも自分に対しての皮肉なんでしょうか。

これを見てすぐに思い出したのは、宮崎駿さんの「日本のアニメーションはね。観察によって基づいてない。ほとんど。人間観察が嫌いな人間がやってんだよ。だからオタクの巣になるんだよ」という言葉。

本当にその通りだと思います。


 

十五キロくらいはありそうで、ダルそうで悪そうな目付きが須賀さんにそっくりだった。

新海誠監督作「天気の子」感想漫画 三年でめちゃくちゃでっかくなったアメ(猫)

ブログ仲間セシ子さんのイラスト

映画館で笑いがたくさんあがっていたのがアメの巨大化(笑)

小説では15キロくらいあるって書いてたけど、15キロの猫ってほとんどいないですよ。イエネコの中でも大きな品種といわれているメインクーンでも平均10キロいかないくらいなんで。

アメでかすぎ。


 

「世界なんてさ──どうせもともと狂ってんだから」

世界は元々不合理で不条理で理不尽なもの。帆高や陽菜によってそうなったわけではないという、須賀なりの励まし、慰めといったところでしょうか。どこかで見たことがありそうな言葉ではありますが、なぜか心に残るセリフでしたね。


 

「僕たちは、大丈夫だ」

ラストシーンの演出に二ヵ月以上悩み続けた新海監督が”ぜんぶここに書いてあるじゃないか”と感じたRADWIMPSの『大丈夫』。

その歌の歌詞から引き写すように書いたのがこのラストシーンだったようです。

僕は映画館で『天気の子』見た時、ラストシーンだけが少し浮いていると感じました。その時はラストが最後までバシッと決まらなかったのかなと思っていましたが、小説のあとがきを見てなるほどなと。

野田洋次郎さんが新海監督を信頼しているように、新海監督も野田さんを信頼しているんでしょうね。同性にそんな風に思われるのは素敵な事だと思います。


以上、他にもまだまだ印象的なセリフやシーンはありましたが、疲れ果ててしまったのでここまでに。

『天気の子』は神作とまではいかないけれど良作ではあると思うので、まだ見ていない人は是非映画館に足を運んでみてください。映像美だけでも見る価値はあると思います。

それから、映像だけでは表しにくいキャラクターの心情などは小説版にわりと丁寧に描かれています。映画を見てもう少し深く作品を知りたいと思った人は小説も読んでみてくださいね。600円ちょっとと安めの価格設定なので買いやすいと思います。

コメント