【LoV4】創魔カード《ポポイ》の概要と性能についての考察

lov4ポポイ

© 1993, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. 

ロードオブヴァーミリオン4(以下LoV4)の創魔ユニット考察、第6回は第2弾創魔ポポイ】について見ていきたいと思います。

【LoV4】創魔カード《ランディ》の概要と性能についての考察
【LoV4】創魔カード《プリム》の概要と性能についての考察



ポポイの基本性能

30コスト ディフェンダー


召喚アビリティ:なし

攻撃力50  防御力50  精神力50


武装アビリティ:なし

攻撃力70  防御力70  精神力70


血晶武装アビリティ:シェイド (ATK↑・DEF↓)

自身の受けるクリティカルが、通常ダメージになる。さらに、HPが一定以下になると『透明』状態になる。『透明』状態になる効果は、一定時間、再発動しない。

攻撃力140  防御力110  精神力100


アーツ:イビルゲート(30マナ)

範囲内にいるターゲット中の敵ユニット1体に、「固定ダメージ」を与える。このダメージは、対象の敵ユニットのHPが高いほど上がる。このアーツは、自身が血晶武装していないと使用することができない。


状態『透明』:一定時間、自身の姿が消え、敵ユニットのターゲットにならなくなる。ただし、自身が攻撃・マナタワー制圧・アルカナストーン破壊をすると、効果が消える。

血晶武装時に発動するアビリティの「シェイド」は、LoV2時代の【ポポイ】を彷彿させますね。

LoV2時代のチートフィールドスキル「ガード」と、チート特殊技「ポポイ暗殺拳」…もとい、「マナの聖域」をそのままアビリティにしたようなイメージです。

「クリティカルガード」は危険だと、LoV3時代に皆が学んだハズなんですが、また実装されましたね。

血晶武装すると防御力が下がるみたいですが、これでも充分硬い。さらに、HPが200以下になると5秒間『透明』になるのでなかなか死なない。

攻撃力も【リゲル】【D・ホワイト】と並ぶ140で高め。アタッカー根元相手ならスパクリから2確を狙えますので完全に荒らし向きの性能ですね。

透明になった直後に攻撃してしまうと一瞬で姿を現してしまいますので、HPが200近くになったら欲張らず攻撃を中止して透明化を意識しましょう。

アーツの「イビルゲート」はLoV3時代のアビリティに近いものですね。戦闘の最初にアーツを撃って、デコイ役も兼ねつつダメージを稼ぐのが基本になるのかなと。

HP300相手に90ダメージ、HP450相手に120ダメージ、HP600相手に150ダメージです。たぶん、「HP÷5+30」ダメージだと思います。

単純にダメージを与えるだけのアーツですが、使い勝手は結構良さそう。



種族別の性能

lov4ポポイCG

© 1993, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. 

人獣

EXアビリティ:アースクエイク

自身のスロウアタックに、「攻撃対象とその周囲の敵ユニットに固定ダメージを与え、移動速度を下げる効果」を付与する。

LoV3の【ワグナス】ですかね?範囲攻撃+範囲速度ダウンは強そうですね。

【クライド】や【源頼朝】のような「同時攻撃」ではないので、範囲全体にスロウアタックを与えるわけではありません。

範囲への固定ダメージは10。【ハイド】のように、周囲へのダメージは微々たるものだと思っておきましょう。

やはり敵タワーへの圧力が高いアビリティで、マジシャン主人公のスプレッドショットと一緒に荒らすとオールヒールも狙えます。

また、速度ダウン値が結構高いので防衛時にも活躍できます。

人獣扱いのユニットなので、【矢口ハルオ】のサポートが可能です。全然死ななくなりそう…。

神族

EXアビリティ:エアブラスト

自身のスロウアタックに、「固定ダメージの複数追撃効果」を付与する。

【仁王兄弟】【神族アルデバラン】のようなアビリティです。違う点は、スロウアタックをしないと発動しないところです。

【仁王兄弟】の強化条件を満たす30コストなので組み合わせられそうですが、わざわざ使うほどではないような気もします。

ちなみに【神族ポポイ】の固定ダメージは5×5回。25ダメージです。純粋に強いです。

【セルディッド】と【ボーア】のサポートを受けて荒らしにいくのがとても強そうです。
あと、【ラファエル】でHPを上げると楽しそう。強いかどうかは別として、楽しそうです。



魔種

EXアビリティ:エクスプロード

自身のスロウアタックに、「一定時間、敵ユニットを『火だるま』にする効果」を付与する。

状態異常『火だるま』:固定ダメージを断続的に受ける。

『火だるま』は『毒』と同じと見て良さそうです。原作の『火だるま』は確か行動も封じていたような気がしますが、それは流石にやりすぎですね。

ただし、『毒』と同じといえど【清姫】の条件は達成できないので気をつけましょう。

書いていることは【神族ポポイ】と同じですが、毎秒5ダメージを10回発動します。つまり合計で固定50ダメージ、【神族ポポイ】の2倍とかなり強い。

クリティカルガードもあるので「とりあえずの初手」として選んでもいいと思います。

ただし、即時的にダメージを与えられないので実際はそこまでの強さを実感できません。

本領を発揮できるのは防衛時。タワーに近づきすぎた敵ユニットを燃やし尽くしてやりましょう。

海種

EXアビリティ:フリーズ

自身のスロウアタックに、「ディフェンダー属性ダメージ」を上乗せする。

攻撃力50相当のディフェンダー攻撃を追加します。

根元以外には固定値しか与えられず、タワー防衛時には微妙すぎるアビリティですが、敵タワーを荒らすときにはいい仕事をします。

一度スパクリを当てられると、バニラユニットだろうが10コスト相手なら2確です。

海種には同コストに【コノハナチルヒメ】や【沙悟浄】など、優秀なアタッカーがいますし、同ジョブには【リゲル】もいます。以上のユニットたちは精神力が高く扱いやすいですが、【ポポイ】はアーツのおかげで終盤もある程度のダメージ源になることができます。

優先して選ぶほどの強さはないかもしれませんが、選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。



不死

EXアビリティ:ルナティック

自身のスロウアタックに、「攻撃力・防御力・精神力・移動速度のいずれかを、一定時間下げる効果」を付与する。

ついに出ましたね、「いずれか」。

ウィークは5秒間発動し、移動速度以外はいずれも30ダウンします。

楽しそうなアビリティだし、運がよければ4回攻撃で「クアドラウィーク」と考えるとヤバそうですが、効果時間の問題と、狙った効果が出せないのが難点ですよねやっぱり。

癖が強いこの効果ですが、まぁどれが出ても強いので、あまり期待せずに、何も考えず攻撃しても良いと思います。

【ティシポネー】との組み合わせは気になるところですが、不死の30コストディフェンダーは優秀な【イゾルデ】【D・ホワイト】の存在がチラつきます。

クリティカルガードのおかげで結構無理して攻撃しにいけるので、使ってみると結構活躍できるかもしれませんね。


【ポポイ】に対してマジシャンを立てる意味があまり無いので、対策としては【ポポイ】に間に合う攻撃力が高いユニット、もしくは精神力ダメージ持ちのユニットを作ると良いかもしれません。

例えば攻撃力170の【朱武】で攻撃すれば、防御力110の【ポポイ】に50くらいはダメージを与えられます

攻撃力140の【ポポイ】が防御力160の【朱武】を攻撃すれば57くらいのダメージなので、スロウアタックにさえ気をつければなんとかなります。

ジョブ相性が全てではないので、落ち着いて対応しましょう。

【ロードオブヴァーミリオン4】ユニット別の考察記事まとめ

コメント