当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています

【LoV4】創魔カード《オーディン》の概要と性能についての考察

lov4オーディン

© 1993, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. 

ロードオブヴァーミリオン4(以下LoV4)の創魔ユニット考察、第12回は第2弾創魔【オーディン】を見ていきます。

【オーディン】北欧神話の主神で、戦争と死を司る神であると同時に、詩文の神でもあります。色んなアニメやゲームで出てくるので有名ですよね。

絵画などでは、片目が無くて大きな帽子を被った長い髭の老人の姿をしているのが一般的です。

伝説上では、魔術に長け、知識欲が非情に大きかったそう。

名前の意味は「激怒の主、狂気の主」といった意味らしいです。怖い。

本来はグングニルという神槍を持っている【オーディン】ですが、LoVの世界では母親の【ベストラ】にグングニルを持っていかれており、斬鉄剣を愛用しています。

主食は葡萄酒、弱点は好奇心、母親の際どい服装が最大の悩み、という、なかなか癖の強いプロフィール。

「黄昏」のループを回避するために、意図的に「予言の子」を生み出そうとしたり、「特異点」となる蒼翠の聖竜【ラグナロク】を誕生させたりするなど、なかなかの策謀家。

LoV4になった今、現代社会において【オーディン】は「剣誠(つるぎ まこと)」という名前で日々河学園の理事長をしています。

【オーディン】はこれまでの功績から、二十二のパトスの内の一つ「審判-シン-」のパトスを獲得。紅蓮の子達と同じく、「運命を変えうるもの」の資格を得ます。

「最悪の事態」を避けるため、己が生み出した【ラグナロク】を始末しようとしますが、命を下した息子の【ヴィーザル】から「勝手が過ぎる」と反感を買ってしまいます。

目的達成のためには感情を不要とする冷徹な【オーディン】、長い戦いの果てに、主人公たちを差し置いて自分が「紅蓮の王」になるつもりらしいです。

CVは今村卓博さん。LoVシリーズでは他に、風間夜刀の声をアニメで担当されていました。塩麹鍋食べたい。
イラストレーターは、ダーク感の強い絵画のようなイラストが特徴の小城崇志さんです。LoV1の【重装暗黒騎士】は惚れました。



オーディンの基本性能

70コスト アタッカー


召喚アビリティ:なし

攻撃力100  防御力100  精神力90


武装アビリティ:なし

攻撃力140  防御力140  精神力110


血晶武装アビリティ:斬鉄剣 (ATK↑・DEF↑)

自身のダッシュアタックが貫通し、「固定ダメージ」を上乗せする。また、自身が弾かれなくなり、自身が受ける「スロウアタックによる移動速度低下効果」を減らす。

攻撃力180  防御力180  精神力140

これはもう、LoV3をプレイした人は覚えているはずです。【[旅立]アトロポス】ですよねこれ。

70コストと少し重たいので、相手の完成前にタワーを折る事は難しいですが、ひとたび完成してしまえばその後相手チームは安心してマナ溜め出来なくなるという恐怖のユニットです。

さらに、攻撃対象全てに固定30ダメージを上乗せします。高い固定ダメージのおかげで防衛や主力戦でも猛威を振るいます。

攻撃貫通と固定ダメージはダッシュアタック時にのみ発動します。

なので、ダッシュアタックさせなければ平凡なアタッカーです。が、そこは抜かりありません。

「フリックガード」と「スロウレデュース」搭載済みです。ちょっとやり過ぎな感じがしますね。

スロウ軽減効果はVer4.209で大きく下方修正されてしまったので実装初期のような無理は出来ませんがまだまだ強いです。

LoV3時代で流行った環境では「降臨システム」があったのでマナ運用がしやすかったんですが、70コストアタッカーを採用するとなるとやはりデッキの重さが気になるので、いかに効率よくマナを溜めるかが課題。

そして単純な殴り合いにおける【オーディン】の火力は大したことないので、活躍できる状況かどうかをしっかり把握して動きましょう。



種族別の性能

lov4オーディンCG

© 1993, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. 

人獣

EXアビリティ:鋼刃

「ダッシュアタック可能状態」のとき、防御力が上がる。この効果は同状態が解除された後も、一定時間持続する。

防御力が20上がります。ダッシュアタック可能状態解除後は5秒間効果が続きます。

敵陣に突っ込むのに無理しやすいアビリティ。

しかし、低めの攻撃力を補えないアビリティなのがネック。

主人公の攻撃力サポートを入れても、攻撃力190。

固定値30を加えても敵根元はワンパンで倒しきれず、主人公マジシャンさえスパクリでなければ倒せません。

【ヴァン・ヘルシング】でサポートが出来たら攻防ともに200のボーダーを超えるステータスになるので強そうですが、ジョブのバランスがあまり良くないので難易度は高め。

とはいえ【パーシヴァル】【ぺぺ】の速度サポートが受けられるのは大きい。

高い防御力と移動速度で敵のマナタワーを長時間荒らすのは強いかもしれません。

神族

EXアビリティ:滅刃

自身の持つアビリティ「斬鉄剣」に、「HPが一定値以下になった敵ユニットを死滅させる効果」を付与する。

スクエニの(というかFFの)【オーディン】といえばこれですよね。

効果説明のインパクトが強すぎてビビりますが、【オーディン】の攻撃を受け、HP50以下になった敵ユニットが死滅します。

固定ダメージ30と、最低保証ダメージ5、スマッシュによる3ダメージがあるので、HP88以下のユニットを殴れば確実に倒せる訳ですね。

与えるダメージが上がった、というよりは「攻撃相手の最大HPが50下がる」ようなイメージです。

だいたいスパクリを受けた10コストはそのまま死にます。

例え防御力5のユニット相手であっても、攻撃力230を越えるダメージを与えなければ一撃で倒すことは出来ないことを考えると、なかなかに強力なアビリティ。

効果発動時には敵ユニットの頭上に「即死」の文字が出るので恐怖割り増しです。

よく見るデッキは構成は、序盤にある程度の攻めと守りを両立できる【オズマ姫】または【ヴァルトラウテ】、そして放置で仕事をする【アメノウズメ】のデッキ。

あまり見かける事はありませんが、【鞍馬鬼一坊】には【オーディン】も【アメノウズメ】も役立たずになってしまうので気を付けましょう。



魔種

EXアビリティ:雷刃

「ダッシュアタック可能状態」のとき、移動速度が上がる。この効果は同状態が解除された後も、一定時間持続する。

移動速度が上がるアビリティ、解除後の効果持続時間は【人獣オーディン】と同じく5秒間。

基本アビリティのスロウレデュースも重なって、【オーディン】と同じくらいの精神力のスロウアタックでは止められません。

ダッシュアタック前提の【オーディン】にとって、使いやすい能力だと思います。

魔種の範囲攻撃持ちアタッカーといえば上に【バハムート】、下に【クライド】がいます。

【バハムート】ではコストが重くて組みづらかった、【クライド】ではステータス不足が気になる、という方は是非使ってみてください。

主人公+【ストラス】のサポートがあれば根元ユニットのスパクリワンパン圏内に入るので結構強いと思います。

ただ、あまり気にならないかもですが、一旦は「ダッシュアタック可能状態」にならないと移動速度は上がらないので気をつけましょう。

海種

EXアビリティ:轟刃

「ダッシュアタック可能状態」のとき、攻撃力が上がる。この効果は同状態が解除された後も、一定時間持続する。

攻撃力が40上がります。状態解除後も、5秒間持続します。

攻撃力が220で固定30ダメージが乗れば【神族オーディン】と同じように防御力30までの10コストユニットはスパクリで即死です。

タワーを荒らす以外にも、主力同士の戦闘で活躍できるレベルの攻撃力になりますので、使いやすいと思います。【ハルフゥ】のコストカット対象なので入れるのもありですね。

【リップル】や【リゲル】で精神力をサポートすることで、よりスロウアタックが効かない【オーディン】を作るのも強そう。

しかし海種には10コスト下に似たような役割で使いやすい【ベルゲルミル】がいます。比べるとやはり【オーディン】は完成が遅れるので同じタイミングでは使えないことを覚えておきましょう。

不死

EXアビリティ:呪刃

自身の持つアビリティ「斬鉄剣」に、「一定時間『呪い』状態にする効果」を付与する。

再召喚前提の敵ユニットを撃破したとき、意味がある効果です。

例えば、敵タワーを攻め、根元ユニットを撃破したときに相手の立て直しを遅れさせることができます。

終盤では、相手の石割り要員を長時間減らせるので割といい仕事をします。

復活時間は+20秒。通常の復活時間の2倍にまですることができます。

試合序盤に発動できたら効果が大きいんですが、【オーディン】自身を強化できないので、70コストを完成させられる時間帯では少し微妙なアビリティ。わざわざ【不死オーディン】を選ぶ理由も無いような気がします。

ただし、【オーディン】に繋ぐために【べドラム】を採用する場合や、【ロイド】による高速回復を目的とするなら【不死オーディン】も全然有りです。

また、相手が【ムー】のデッキである場合は活躍できると思いますので、【ムー】が流行る環境であれば採用の価値も上がるかもしれませんね。


作るタイミングが遅れてしまうと相手も対策の大型ディフェンダーを用意してきます。

上でも書きましたが、いかに相手の準備を遅れさせつつ、最速で【オーディン】を完成させられるかが問題ですね。

少ないマナ消費で敵タワーを荒らせる【アルプ】や【べドラム】で繋ぐのがいいかもしれません。

【オーディン】は軍団で動かすユニットではなく、単体で戦場を走り回る役割のユニットです。

操作に集中した方がいいので、後の2枚は「【オーディン】完成のためのサポートユニット」、または「単体である程度仕事ができる、石割り、防衛特化のユニット」を選び、別行動を心掛けましょう。こまめなミニマップの確認が必須です。

環境を代表するユニットと言って過言ではないと思いますが、【人獣エンプーサ】【イゾルデ】のスロウアタックには要注意。

さらに言えばスマッシュを禁止する【鞍馬鬼一坊】や【タルタロス】には完封されてしまいますので気を付けましょう。

【ロードオブヴァーミリオン4】ユニット別の考察記事まとめ
© 1993, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. スクエニのアーケードゲーム『ロードオブヴァーミリオン4(以下LoV4)』、新システム『創魔』が実装されてしばらく

コメント