【SAOアリシゼーション】第十話①囚われたティーゼとロニエ

sao上級修剣士寮-嵐の夜

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

キリトとユージオは念願の上級修剣士になり、ティーゼとロニエという傍付きもできました。

第九話《貴族の責務》はユージオとライオスたちの諍いと傍付き錬士たちとの親睦、ティーゼのユージオへの想いがメインでした。

【SAOアリシゼーション】第九話③ユージオへのティーゼの想い

第十話は、いろいろな意味でインパクトのある回になりましたね。

作画や脚本、声優さんの演技、どれをとってもこれまでのアニメ【SAOアリシゼーション】の中で一番良かった回だと思います。

それでは第十話《禁忌目録》についての感想や補足を気ままに書いていきたいと思います。



貴族裁決権の行使

フレニーカ初等錬士の来訪

sao定時になっても来ない傍付きたちを探しに行くキリト

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

嵐の夜、ユージオとキリトは上級修剣士寮の居間で週に一度の”剣の手入れ”を行っていました。

手入れの途中、キリトはいつもなら四時ちょうどになると二人の部屋を掃除しにくるティーゼとロニエが、四時半になっても来ない事を心配し初等錬士寮まで探しに行きます。

行き違いになるといけないからと、部屋で待つように言われたユージオ。

しばらくすると、こんこんという小さなノック音が部屋に鳴り響きました。

saoフレニーカ・シェスキ初等錬士

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

「わ……私は、フレニーカ・シェスキ初等錬士です。ご、ご面会の約束もなしにお訪ねして、申し訳ありません。……でも、私、どうしていいか解らなくて」

フレニーカはティーゼとロニエが自分の為にウンベールたちに嘆願しに行ってくれた事、そして二人が一時間以上経っても帰って来ない事をユージオに話しました。

事は一刻を争うと判断したユージオは手入れの終わった青薔薇の剣を持ち、急ぎ部屋を出ました。

ライオスたちの部屋に急ぎ向かう途中、ユージオは頭の中で考えを巡らせます。

――狙いは最初から自分とキリトではなく傍付き錬士たちだったのか?

そして、全て暗記している学院則の《上級修剣士の懲罰権》の部分を思い出します。

――上級修剣士が懲罰権を行使する場合は、以下に記す命令三種より一種のみを許可する。

一、学院敷地の清掃(別項に面積を記載す)。

二、木剣を用いた修練(別項に内容を記載す)。

三、修剣士自身との立ち合い(別項に試合規定を記載す)。尚、全ての懲罰において、上級法の規定を優先す。

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニングより

もしウンベールが懲罰権を行使したとしてもさほど心配する必要はないはずだと再確認したユージオでしたが、不安感は一向に去りませんでした。



上級貴族最大の特権《貴族裁決権》

saoライオスたちの部屋の扉をたたくユージオ

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

本来は事前に伺いを立て(書状にて面会の許しを得る)訪問するのが筋ですが、頭に血が上ったユージオはお構いなしにライオスたちの部屋の扉を何度も強打します。

「どうぞ入ってくれたまえ!」

まるでユージオが来るのを予期していたような言い回しに焦慮を感じつつも、ユージオは一気に扉を引き開け中に入ります。

saoライオスたちにティーゼやロニエの事を尋ねるユージオ

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

ライオスとウンベールの共用居間は、テーブルに酒瓶が転がり、どぎつい香の匂いが漂う退廃的な空間でした。

二人は先日訪ねた時と同じ薄手の長衣を羽織った姿で長椅子に腰かけています。

西帝国産の葡萄酒をすすめるウンベールに、苛立ちながらも言葉を選び丁重に断ったユージオはティーゼとロニエの居所を尋ねました。

「ティーゼとロニエは、今どこにいるのです!」

ライオスは部屋にユージオを招き入れます。(居間は共用、部屋は別々でライオスが三〇一、ウンベールが三〇二号室)

saoライオスたちに縄で縛られたティーゼとロニエ

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

咽るような香の煙に満たされた部屋には大きな天蓋つきのベッドがひとつ、そしてそこには真っ赤な縄で縛られたティーゼとロニエの姿がありました。

「い……いったい、どういうことですライオス殿!」

ライオスは二人の初等錬士たちが全生徒の頂点に立つ主席と次席に突然の面会を求め、なおかつ上級貴族の二人に対して礼の足りない振る舞いに及んだと説明します。

「……ですが、ライオス殿。仮にそのようなことがあったとしても……縄で縛り上げ、寝室に閉じ込めるなど、修剣士懲罰権を甚だしく逸脱した行いでしょう……!」

ユージオの言うとおり、修剣士懲罰権は上で記載した三種の命令しか許されておらず、ライオスたちが行った行為は懲罰権を激しく逸脱していました。

saoユージオを煽るライオス

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十話

「修剣士懲罰権?学院則にはこう付記してあるのをお忘れかな?――なお、全ての懲罰において、上級法の規定を優先す、と」

ユージオの言葉を聞いたライオスは嗜虐的な笑みを浮かべながら、待ってましたと言わんばかりに饒舌に話し始めます。

法規の優先順位は【禁忌目録>帝国基本法>学院則】となるので、六等の分際で三等と四等の自分たちに無礼を働いたティーゼとロニエは学院則ではなく帝国基本法に記された《貴族裁決権》の行使対象になるとライオスは主張します。

貴族裁決権の内容は以下のとおり。

貴族裁決権
四等爵士までの上級貴族に与えられている最大の特権で、”五等及び六等爵士とその家族、そして私領地に暮らす平民”に対して罰を与える事ができる権利。罰の内容は自在に決める事ができ”禁忌目録に記載されていない事なら何をしてもいい”。

次回につづく…

【SAOアリシゼーション】第十話②ライオスたちの蛮行と右眼の封印
【アニメSAOアリシゼーション】概要や感想記事まとめ

コメント