【SAOアリシゼーション】第十三話⑤カーディナルの短剣と剣の記憶

sao 驚くカーディナル

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

前回の続き…

【SAOアリシゼーション】第十三話④二百年の孤独…人間であるということ

二百年という孤独の日々に耐えてきたカーディナルは、キリトとの出会いによって”他の人間との触れ合い”を知るという望みを叶えることができました。

前回は話の流れを無視して、カーディナルの心情について書きましたが、今回はまた話の補足を中心に書きたいと思います。



カーディナルはなぜキリトを選んだのか

sao 振り向くカーディナル

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

自らの護衛として整合騎士を完成させ、強固な守りを築いたアドミニストレータに対抗するため、カーディナルは協力者を探しました。

禁忌目録を破れるほどの高い違反指数を持ち、直接戦闘能力及び神聖術行使権限が整合騎士に及ぶことが協力者の条件でしたが、これはと思った人間を見つけても目の前で整合騎士に連行されてしまったことも一度や二度ではなく…。

結局、条件に合う協力者はキリトに会うまでただの一人も得ることはできなかったのです。

さらに、たとえ条件に見合う協力者が見つかったとしても、一つの大きな障害を取り除く必要がありました。

その障害とは”アドミニストレータによる魂に対する攻撃“でした。

天命に対する攻撃は装備や神聖術で対抗することが可能でしたが、フラクトライトそのものを攻撃されて記憶を引き裂かれてしまえば、どれほどの剣や神聖術の達人でも戦い続けることはできません。

カーディナルはその問題の解決法を数十通りも捻り出しましたが、どれもいま一つ確実性に欠けていました。

そんな時、アドミニストレータによって世界各地に配置された妨害オブジェクトのうちの一つ《倒せない巨樹》がたった二人の若者によって倒されたという情報を手に入れたカーディナルは、詳細を確認しようとシャーロットを派遣します。

カーディナルはシャーロットの眼を通して”野良犬に残飯を与えている”キリトを見た時、禁忌目録にまったく縛られていないことを悟り衝撃を受けました。

そして、さらに観察を続けることでキリトが”外部の世界からきた人間“であるという解答に辿り着きます。

さしものアドミニストレータも、STLを通してキリトの魂を攻撃することはできません。なぜならそのコマンド自体が存在しないからです。

アドミニストレータによる魂への攻撃を受けつけない人間…キリトこそカーディナルが二百年ものあいだ、ただひたすらに待ち望んでいた協力者だったのです。



カーディナルの短剣

sao カーディナルの短剣

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

キリトに語るべきことを語ったカーディナル。

二人はユージオのいる歴史書の回廊に戻り、三人で今後の具体的な行動計画について話すことになりました。

それぞれの思惑を孕みつつも、アドミニストレータを倒すために共闘することになった三人。

この時、カーディナルから整合騎士を造り出すための神聖術である《シンセサイズの秘儀》を解除する方法も教えてもらいました。

その方法とは以下の通り。

  • 整合騎士の過去の記憶を揺さぶり魂に挿入された《敬神(パイエティ)モジュール》を除去する
  • モジュールが挿入されていた場所に本来存在した記憶の欠片をカセドラル最上階のアドミニストレータの居室から奪い返して元に戻す

最上階に辿り着くまでには整合騎士との戦いが避けられませんが、もしアリスが出てきた時は戦えないと言うユージオにカーディナルは小さな短剣を渡します。

世界最高の権限の持ち主であるカーディナルの髪の毛から生成した短剣。

この短剣自体に攻撃力はほぼありませんが、この短剣で刺された者はカーディナルとの間に切断不可能の経路が接続され、カーディナルの用いるあらゆる神聖術が必中となります。

ユージオがアリスの体に短剣を刺した瞬間、カーディナルの術によってアリスをシンセサイズ解除の準備が整うまで眠らせるという作戦でした。

短剣は二本あり、もう一本はもちろんアドミニストレータ用で、これはキリトに託されることになります。



剣に秘められた記憶

sao キリトとユージオの剣の記憶

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

短剣を二人に渡し終えたカーディナルは、道中戦うであろう整合騎士の強力な《武装完全支配術》に対抗するためにこちらも完全支配術を習得する必要があると言います。

完全支配術の術式はカーディナルが組み上げてくれることになりましたが、そのためには剣の持ち主が愛器の解き放たれた姿を強く想起する必要がありました。

二人はそれぞれの剣に秘められた記憶、存在の本質に触れるために心の眼を開きます…

アニメでは三十秒程度で簡単に表現されていますが、原作ではキリトの”黒いの”の前世であるギガスシダーの悲しみが描かれています。

他の木々たちと触れ合いたくて枝を、そして根を伸ばしても、相手に触れる前に命を奪ってしまう…それがギガスシダーに秘められた悲しい記憶でした…。

ユージオも同じように果ての山脈の一番高い山の天辺に存在した永久氷塊の記憶に触れています。



セントラル・カセドラル最上階へ

sao セントラル・カセドラルへ

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

「ユージオ……そしてキリトよ。世界の命運は、そなたら二人に託された。地獄の業火に包まれるか……虚無に沈むか、あるいは……第三の道を見出すか。わしはもはや、告げるべき全てを告げ、与えるべき全てを与えた。あとはただ、信じる道を行けばよい」

全ての準備を整えたユージオとキリトは愛剣が保管されているであろうセントラル・カセドラル三階の武器庫を目指すのでした…。


原作小説約二百ページにも亘る長い説明回が終わりました。

僕は原作小説の中でも人工知能の説明が書かれている《アリシゼーション・ランニング》とカーディナルがアンダーワールドについて説明する《アリシゼーション・ターニング》《アリシゼーション・ライジング》が大好きです。

【SAOアリシゼーション】第六話①魂の複製(コピー)の構造的欠陥

アニメでは一般的に説明回が好まれない傾向にあるので、これらの話はバッサリカットされましたが、アリシゼーションという作品をしっかり理解するためには必要不可欠な内容です。

今までアニメでしかSAOを知らない人は是非読んでみてください。

次回第十四話「紅蓮の騎士」からはオープニングテーマがASCAさんの”RESISTER”に、エンディングテーマがReoNaさんの”forget-me-not”に変わるみたいなので楽しみですね!!

【SAOアリシゼーション】第十四話①秘奥義連携!VSデュソルバート
【アニメSAOアリシゼーション】概要や感想記事まとめ

コメント