【SAOアリシゼーション】第十八話②キリトにとって初めての親友ユージオ

前回のつづき…

【SAOアリシゼーション】第十八話①青薔薇の剣の記憶解放…VSベルクーリ

ユージオの意識が途切れたと同時に、場面は塔外のテラスで休むキリトとアリスへと移ります。

「ユージオ? い、いやなんでも……」

一瞬ユージオの声が聞こえたようなリアクションをとるキリトですが、気のせいだと判断しアリスとの会話に。

しかし、原作では約四ページに亘ってキリトのユージオへの思いが描かれています。



キリトのユージオへの思い

キリトは月が昇るまでの待機時間にユージオの事を延々と考えます。

二年前にルーリッド村で初めて出会ってから一緒にいる事が当たり前だったが、こうやって会おうと思っても会えない状況に陥いると妙に心許ない、そして生まれて初めて同性の親友と呼べる存在を得た事をどうにも面映ゆい話だが認めなくてはならない、と。

【SAOアリシゼーション】第二話①仮想世界とベクタの迷子

自分の度し難い性向ゆえに、これまで同年代の同性を認める事ができず、クラインやエギルといった人間のできた大人たちにさえ腹の底までさらけ出した付き合いには至らなかったと思っていたキリト。

sao キリト アスナ アインクラッド崩壊

©川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

アスナに対してさえも自分の内面の弱さを吐露できたのはアインクラッド崩壊の際、二人の意識がまさに消え去ろうというその直前でした。

現実世界では、運動面でも学業面でも何一つ自慢ができる分野などなかったキリトでしたが、SAOの世界に閉じ込められた途端にトップ数パーセントにランク付けされ、それ以来抜きん出る事の快感に魅了されてしまったと振り返ります。

sao キリト ジ・イクリプス

©川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

そして、SAOから解放された後も、周囲の人たちが、そして自分自身でさえ自らを特別な選ばれた人間だと強く認識するよう誘導していた事も否定できない、とも。

キリトはなぜそんな自分がユージオの前では何一つ飾らない素のままでいられるのかを考え、結論を出します。

それは、この世界においてユージオが自分を遥かに上回る能力を備えているから。

特に剣に関しては天性の才を持ち、知覚力、判断力、反応速度など、全てにおいて自分を大きく引き離している、と評しています。

ユージオの剣技の天稟については、原作では幾度となく描かれていたのですが、アニメでは悉くカットされているので、どうにも頼りなく感じてしまいますね…。

キリトが初めてできた本当の親友ユージオとの明るい未来(これは原作で)を想像していると「何をニヤニヤしているのですか」とアリスに声をかけられ、長い夢想は終わりを告げます。

 

原作のアリシゼーション編はユージオ視点で進行する事が多く、キリトがユージオに対してどのような感情を抱いているのかが詳しく描かれたのはこの場面が初めて。

僕はこの部分を読んで、キリトがSAO時代の仲間たちの事をどう思っていたのかや、キリトの性格が一期や二期と違って少し外向的に見えたりする理由も少し理解できた気がしました。

キリトとユージオの関係性を表す非常に重要なエピソードなので、アニメでも間違いなく後々語られると思います。



キリトとアリス

sao 照れ怒りするアリス

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

さて、アニメ版がメインに据えたのはキリトとアリスの絡みでした。

今後の事を話し合っている途中、空腹の話題になります。

気取った口調で話している最中にお腹が鳴り、それをキリトにからかわれたアリスが照れ怒りするシーンは可愛かったですね。

「ポケットを叩けば饅頭が二つだ」

キリトは大図書室から退出する時に両ポケットに詰め込んでおいた二つの蒸し饅頭を引っ張り出しました。

sao まんじゅうを蒸すために3つの素因を操作するアリス

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

「ジェネレート・サーマル・エレメント……アクウィアス・エレメント……エアリアル・エレメント」

キリトが熱素を生成し饅頭を加熱しようとするのを制し、アリスは風素、熱素、水素の三つの素因に複雑な操作を加え、蒸し器を使うのと同じ効果を発生させて饅頭を蒸します。

「さすがは、あの料理上手のセルカのお姉さん、というところだな」

キリトとユージオは、アリスにどれほど言葉を尽くそうと、アドミニストレータに《記憶の欠片》を奪われ、代わりに《敬神モジュール》を挿入されている以上説得する事はできないと予想していました。

だからこそ、カーディナルの短剣を使ってアリスを一時凍結させるという作戦を立てたのですが、キリトのこの一言で作戦はぶち壊しになりつつあったのです。

キリトは”アリスと戦い、致命傷を負わせる事なく気絶させて九十五層まで運ぶ”、”覚悟を決めて全てを話す”という二つの選択肢の後者を選びました。

sao 幼いセルカ

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

「君には妹がいる、そう言ったんだ。話すよ……君が受け入れるかどうかは判らないけど、俺が事実と信じることの全てを」


第十八話は大部分がユージオ対ベルクーリ、そして残りは全て親友ユージオに対してのキリトの思いになるかなと思っていたのですが、尺の都合なのか一気に話を進めましたね。

原作の《アリシゼーション》編の序盤はキリトとユージオの友情を中心に描いていくので、アニメ版でも男の友情をしっかりと描いて、見ている人たちの心を熱く動かしたいなと思っています。

ソードアート・オンライン アリシゼーション小野学×伊藤智彦 対談より

一期、二期を担当した伊藤氏と今回新たに監督になった小野氏の対談の中で、”男の友情をしっかり描く”とあったのですが、これまでの話ではカットが多くあまり深く描かれていなかったので、今回のために取っておいたのかなと思っていたのですがまさかの全カットでした。

ただ、全く触れられないという事はないと思うので、二クール目のラストあたりで入れてくると予想しています。

キャラクターの内面を描くのが上手だった伊藤氏なら、キリトとユージオの友情をどのように描いたのかなとついつい思ってしまいますね…。


山田孝太郎 (著), 川原 礫 (原著), abec (イラスト, デザイン)

次回につづく…

【SAOアリシゼーション】第十九話①整合騎士アリスの独立宣言
【アニメSAOアリシゼーション】概要や感想記事まとめ

コメント