【SAOアリシゼーション】第十三話②カーディナルvsアドミニストレータ

sao対峙するアドミニストレータとカーディナル

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十三話

前回の続き…

【SAOアリシゼーション】第十三話①アドミニストレータの過ち

情動回路の封鎖によってアドミニストレータの魂の片隅に封じられたカーディナル・サブプロセス…。

しかし、そんなカーディナルに千載一遇の機会が訪れます。



賢者カーディナルの誕生

sao賢者カーディナル誕生

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十三話

アニメではここからいきなりカーディナルvsアドミニストレータが始まってしまい、カーディナルが如何にして少女の体の支配権を確立したかの経緯が完全にカットされているので、その部分を簡単に説明してみます。

まずアドミニストレータは少女のフラクトライトに自らのフラクトライトの思考領域と重要な記憶を上書き複写し、《シンセサイズの秘儀》により魂を強奪することに成功します。

この瞬間、場には二人のアドミニストレータ(コピーとオリジナル)が存在し、カーディナル・サブプロセスも二人のアドミニストレータの中に存在しています。

しかし、冒頭で書いたとおりアドミニストレータは情緒を司る情動回路を封鎖することによってサブプロセスを封印することに成功しており、これは当然コピーにも有効なので、コピーである少女の中のサブプロセスも封印状態にありました。

このまま事が進めば何の問題もなくアドミニストレータは計画を完了できたのですが、ある重大な異変が起こります。

その異変とはコピーとオリジナルというまったく同一の人間が二人いるという本来ありえない事態による魂の崩壊でした。

これは第六話での比嘉の実験とよく似たもので、オリジナルのコピーは自らがコピーであるという認識に耐えられずに崩壊するという魂のコピーが持つ構造的欠陥のようなものです。

【SAOアリシゼーション】第六話①魂の複製(コピー)の構造的欠陥

二巻前の原作小説「ソードアート・オンライン10アリシゼーション・ランニングではこんな説明も…

「まぁ、オカルトもんのヨタ話なんスけどね。もし、オリジナルとまったく同一のクローン人間を作ることができたら、二人の脳から発生する磁気がマイク・ハウリングみたいに共鳴しあって、両方とも吹っ飛んじゃうって、そういう話っス。それは眉唾としても――もしかしたら、ボクら人間の意識は、自分がユニーク存在じゃないっていう認識には根源的に耐えることができないのかもしれません――」


「……菊岡さんはALOで何度か会ったことがあると思いますけど、トップダウン型人工知能のユイちゃんも言ってました……。人間の意識とは構造からしてまったく違うはずのあの子でも、自分のコピーを作るのは恐ろしいそうです。もし、何らかの事故でバックアップが解凍されて動き出したら、多分わたしたちは互いを消滅させるために戦わざるを得ないでしょう、って……」

ソードアート・オンライン10アリシゼーション・ランニングより

原作の十巻と十二巻は、説明が多くて”これぞSAO”という感じでとても面白いのですが、アニメでは十分の一くらいにカットされてしまってて本当に残念です…。

アニメを見ていてストーリーやキャラクターの心情・行動が不自然だなと思う人は原作小説を見てください。アニメでは全く伝えきれていないので!

少し脱線したので話を戻します。

アドミニストレータのコピーとオリジナルが対峙した瞬間、互いの魂の崩壊が始まり、先に崩壊したのはコピーである少女のフラクトライトでした。

その刹那に副人格であるカーディナル・サブプロセスが少女の支配権を確立し、賢者カーディナルが誕生したのです。



神々の戦い

sao 神聖術でアドミニストレータを攻撃するカーディナル

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十三話

「システム・コール!ジェネレート・ルミナス・エレメント。ライトニング・シェイプ。ディスチャージ!」

少女の支配権を確立したカーディナルは、即座にアドミニストレータを消滅させるための行動に移ります。

カーディナルの作戦は《先手を取った後の削り合い》でした。

カーディナルはアドミニストレータの完全なるコピーであり、まったく同じ権限を持っていました。つまり、攻撃力、防御力、天命など全てのパラメータが同じということです。

先手を取りさえすれば、同じ攻撃力で削り合っても最終的に勝利できるというカーディナルの合理的な作戦だったのです。

最高レベルの神聖術が飛び交うまさに《神々の戦い》の中、戦況はカーディナルの計画通りに進みました。

しかし、いよいよあと二撃か三撃で勝敗が決するという時にアドミニストレータは自分とカーディナルの決定的な差異に思い至ります。

sao 空間内のシステムコマンド禁止

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十三話

「システム・コール!チェンジ・フィールド・アトリビューション!」

アドミニストレータはまず部屋に存在した高優先度のオブジェクトから高レベルの武器を作りだしました。(この瞬間、カーディナルもオブジェクトを武器に転換しています)

次に戦場空間を丸ごとシステム・コマンド禁止アドレスに指定し、全てのコマンドを封印します。

神聖術が封じられ、物理での戦いに移らざるを得なくなった二人ですが、これがアドミニストレータの狙いでした。

sao 物理での戦い

参照:ソードアート・オンライン アリシゼーション第十三話

「この体では奴には勝てない……」

カーディナルのこの台詞は子供の小さな肉体だからアドミニストレータに劣るという意味ではありません。

カーディナルとアドミニストレータの決定的な差異とは《肉体への適応》。

カーディナルはこれまでよりも五十センチも低い新しい肉体への適応が十分ではなく、近接物理戦闘での距離感において圧倒的に不利な状態だったのです。

己が敗北が決定的になったことを確信したカーディナルは即座に撤退しなければならないと判断し、脱兎の如く逃げ出します。

そして、さまざまな理由からアドミニストレータでさえ手出しできない大図書館に逃げ込んだのでした…。


次回につづく…

【SAOアリシゼーション】第十三話③世界の調停者カーディナルの決断
【アニメSAOアリシゼーション】概要や感想記事まとめ

コメント