【SAOアリシゼーション】第十六話②VSアリス…《永劫不朽》金木犀の剣

sao カーディナルの回復薬

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

前回の続き…

【SAOアリシゼーション】第十六話①決着!キリトの武装完全支配術

ファナティオとの死闘を制したキリトとユージオ。

キリトは瀕死のファナティオを助けるために、カーディナルから託された貴重な短剣を使う決断をします。

ファナティオをカーディナルに任せた二人は、送ってもらった回復薬を飲み、先へ進むのでした…



昇降盤と昇降係

sao 昇降盤の昇降係

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

大扉を抜けた先にあるはずの五十一階への階段はなく、なんとか上へ行く方法を模索している二人の頭上に現れたのは、差し渡し二メル(メートル)ほどの金属の円盤でした。

「お待たせいたしました。何階をご利用でしょうか」

円盤を操作していたのは、無表情で抑揚のない声で話す少女。

“昇降係”と名乗った少女は”昇降盤を動かす”という天職を与えられてから百七年の間に、いつしか名前すら忘れていました。

「……あの空を……この昇降盤で、自由に飛んでみたい……」

“もし教会がなくなって、この天職から解放されたらどうするの?”というユージオの問いかけに答えた少女の言葉は印象的でしたね。

この昇降係(アリシゼーション・ライジング)と牢の獄吏(アリシゼーション・ターニング)の話は、天職の理不尽さや虚しさをよく表していると思います。

【SAOアリシゼーション】第十一話 地下牢からの脱出、エルドリエ登場

獄吏の話はカットされていましたが、昇降係は原作のなかでもとても人気があるキャラクターなので、制作陣もそれを汲んでゆっくり時間をかけて描いてくれたのでしょう。

昇降盤の仕組み
円盤を貫く硝子筒の内部で風素を解放し、生み出された爆発的な突風を下向きに噴出することで、三人の体重に円盤自体の重さを足しただけの重量を持ち上げている。



アリスとの再会

sao カセドラル八十階 雲上庭園

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

昇降盤で行ける一番上の階、カセドラル八十階”雲上庭園”に到着した二人。

柔らかそうな芝生、綺麗な小川、そしてそれに付随する香りと音…二人の目の前にはどこかで見たことがある風景が広がっていました。

川の向こうの小高い丘へと続く小道の先にあったのは、無数の十字形をした橙色の小さな花を咲かせる樹。

彼女はその樹の幹に背中を預け、瞼を閉じて座っていました…

sao アリス・シンセシス・サーティ

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

アリスを見つけたときのユージオの心情、これはとてもアニメで表現できるものではありません。

「あ……アリ……ス……」

ユージオが服の胸元を握りしめながら発した、この一言にもたくさんの思いが込められています。

 遥かな昔、毎日のように目にしていた輝き。その貴さも、儚さも知らず、いたずらに引っ張ったり、小枝を結びつけたりしたあの髪。
友情と、憧れと、仄かな恋心の象徴であった黄金の輝きは、ある一日を境にしてユージオの弱さ、醜さ、臆病さだけを意味するものへと変わってしまった。そしてもう、二度と見ることは叶わないはずだったあの煌めきが、今また手の届く場所にある。

アリシゼーション・ライジング

sao こちらを見るアリス・シンセシス・サーティ

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

侵入者であるユージオとキリトを冷徹に見定める整合騎士アリス・シンセシス・サーティ

キリトたちは、もう少し待つようにと願い出るアリスに付き合わず、完全支配術を詠唱する前に先手を取って仕掛けることを決めます。

作戦は、”キリトがアリスの攻撃を体を張って止め、ユージオが短剣を刺す”というものでした。

「いったい何が、お前たちにそのような力を与えているのです?いったいなぜ、人界の平穏を揺るがす挙に及ぶのです?――やはり、剣で訊くしかないようですね」

アニメではカットされていますが、原作ではこのアリスの問いかけの「挙に及ぶのです?」と「――やはり、剣で」の間にユージオの思いが描かれています。

――君のため、ただそれだけだ。

ユージオは心の中で叫んだ。しかし、それを言葉にしても、眼前の整合騎士アリスには何の意味も持たないことは解っていた。奥歯をきつく食い縛り、ただ懸命に、ユージオは足を前に動かし続けた。

アリシゼーション・ライジング

原作を読み返していると、随所に描かれるユージオの心情についつい涙腺が緩みます…。



金木犀の剣

sao 整合騎士アリスと金木犀の剣

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

アリスが傍らの樹の幹に右手を添えた瞬間、樹は消滅し細身の長剣へと姿を変えました。

「あの剣、まさか、もう完全支配状態なのか」

そう言うと、間髪入れずにアリスに向かって猛然と突っかけるキリトとそれを追うユージオ。

キリトは抜刀せずアリスの初撃を体で受け止めようと間合いを詰め、ユージオも短剣を刺す一瞬の隙を逃さないように最善の位置を取って追走します。

sao 整合騎士アリス 武装完全支配術

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

しかし、あと少しという距離まで迫った時、アリスの持つ黄金の剣が無数の小片に分かれキリトたちを襲います。

小片ひとつひとつが凄まじい重さを持つ黄金の風は、まずキリトを打ち倒し、続いてユージオを横殴りにしました。

アリスの”加減した”という言葉に心底戦慄するユージオ。

キリトも同様に驚愕と恐怖に顔を蒼ざめさせていましたが、わずかな勝機を見出すため、ユージオに完全支配術の詠唱を始めるよう指示します。

そして、キリトは時間を稼ぐために、アリスに”黄金の剣の完全支配術の謎”を問いかけるのでした。

sao 始まりの地に生えていた金木犀の樹

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

アリスの金木犀の剣は、遥かなる古の時代に神が人間に与えた《始まりの地》に生えていた一本の金木犀を原形にした剣、人界の森羅万象のなかで最も旧き存在でした。

《永劫不朽》の属性を持ち、神が設置した最初の破壊不能オブジェクトを原形にした剣…これこそが有り得ないほど完全で、万能なアリスの武装完全支配術の理由だったのです。



キリトvsアリス

sao キリトとアリスの戦い

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

「では、整合騎士アリス……改めて、勝負!」

キリトはアリスの金木犀の剣が自分の黒いのよりも遥かに格上ということを認めつつも、接近戦からの連続技に持ち込めれば優位に立てると踏みます。

しかし、最初の一合でその目論見が甘かったことが判明するのでした…。

アリスの剣はアインクラッド流に比べれば実戦向きではない古流の型であり、その腕前もキリトに勝るものではありません。

それでも、キリトは一方的に追い詰められていきます。

その理由は金木犀の剣の圧倒的な優先度。

金木犀の剣は黒いのの数倍にも達する重量を秘めており、弾くのはおろか、受け止めることすら至難でした。

sao 氷漬けにされたアリスとキリト

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

絶望的な戦いのなか、キリトは一瞬の隙を付いてアリスの動きを封じます。

そのタイミングに合わせてユージオは完全支配術を唱え、ついにキリトごとアリスを凍らせることに成功。

ユージオは二人に申し訳ないという気持ちを抱きつつも、懐中の短剣でアリスを刺すべく近づきます。

しかし次の瞬間、壁に突き刺さっていた金木犀の剣が再び無数の花弁へと分裂し、氷柱を削っていきます。

「なかなかの座興でしたが……たかが氷で、私の花を止められるはずもありません」

そう言ってアリスが剣を元の形へと戻そうとした時、キリトが絶叫。

「エンハンス・アーマメント!!」

sao カセドラル外に放り出されるキリトとアリス

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

キリトが完全支配術を唱えて狙ったのは、アリス本人ではなく凝縮する寸前の金木犀の剣でした。

漆黒の影と黄金の花弁がぶつかり合ってできたエネルギーの塊は、巨大な爆発音を轟かせて破壊不能と思われていた”白亜の壁”を破壊し、キリトとアリスを塔外へと吹き飛ばしました…


第十六話《金木犀の騎士》は、ファナティオ戦の決着から昇降係の話を挟み、一気にアリス戦まで描かれました。

連戦に次ぐ連戦で作画班に限界がきたのか、ここ数回の作画はかなり微妙になってきてますね。(エフェクトでのごまかしが酷くなってるし…)

今回のアリス戦は、アリスの一撃の重さを表現するためにわざとスローに描いたのかもしれませんが、戦いの魅せ方はやっぱり伊藤監督の時の方が良かったと思います。

ただ、話の内容は短い時間の中で、できるだけ話が破綻しないように努力して、ライト層に飽きられないようにスピード感にも気を遣っているのもよく分かります。

今後もいろいろと難しい話が続きますが頑張ってもらいたいです。

さあ、次回はいよいよ《休戦協定》です。

アリシゼーション編の中でも、ここのお話が一番好きという人も多いところなので、とても楽しみです。

面白おかしいやりとりから、シリアスな場面までをどう再現するのか、制作陣のセンスや声優陣の演技が問われる難しい回になりそうですね。(松岡さんと茅野さんなら素晴らしいものができあがるでしょう)

次回に続く…

【SAOアリシゼーション】第十七話①一時休戦、キリトとアリスの壁登り
【アニメSAOアリシゼーション】概要や感想記事まとめ

コメント